顔に引っかき傷…赤ちゃんの爪切りが怖い、コツはある?

赤ちゃん爪切り 子育て

わが子が産まれて1週間が経過したころ、顔を見ると引っかき傷ができていました。その原因は爪が伸びていたことにありました。産まれてすぐの爪切りなんて恐ろしい…!どうやって切ればいいの?と苦戦した体験談をお伝えします。

赤ちゃん爪切り

赤ちゃんの爪切りはいつから?

生後1週間ごろわが子の顔を見ると引っかきき傷ができており、出血していました。爪が伸びていることに気付いたんです。まったくチェックしておらず、申し訳ないことをしてしまいました。

まさか産まれて間もない、わが子の爪切りをおこなうことになるとは想像もしていませんでした。まわりのママさんから聞いた話ですが、爪が伸びた状態で産まれてくる赤ちゃんもいるそうです。

赤ちゃんの爪切りはいつからおこなう、という決まりはありませんでした。今回のことがあってから、指の先より爪先が白く伸びていたら切るようにしました。

赤ちゃん用の爪切りは出産準備品のひとつ

出産準備品のひとつとして、赤ちゃん用の爪切りは必需品だと思いました。私の場合は買っていなかったので、急いで育児用品店へ購入しに行くはめに…。きちんと準備しておくべきだったと後悔しました。

赤ちゃん用の爪切りにも種類がありました。私が見つけたタイプだと「はさみ型とクリップ型(大人が使うタイプと似ている形)、爪やすり」です。使い慣れているのはクリップ型ですが、産まれたばかりのわが子の爪を切るのは負担がかかりそう…。

よって、以下のはさみ型を購入しました。安心の日本製ですし、品質もよく長期間愛用できました。現在は私の前髪カット用として使っていますw

爪切りのタイプを悩む場合はセット商品を買っておくと、失敗なさそうです。

爪の切り方

ふにゃふにゃでやわらかい指。爪なんて小粒です。初めて切る時は、本当に緊張しましたね。そしてどうやって切ったらよいのか、最初は迷いながらおこなったものです。

何度か爪を切っていくうちに、コツをつかみました。まず爪の左右2辺を切ります。次に残った上辺を切るというシンプルな方法です。

そして注意したいのが、白い部分を1mm程度残すことです。深爪や巻き爪になってしまうといけませんからね。

寝ている時が爪切りのチャンス

爪が伸びていることに気付いた時、すぐに切ることができたらいいのですが、そうはいきませんでした。基本的にわが子はジッとしていることはなかったため、爪を切るなんて危険度が高い…。無理にしようとすると、時間もかかります。

そこで爪切りは、基本的に寝ている時におこなうようにしました。起きている時にどうしても爪を切らなければならない場合は、授乳中におこなうとやりやすかったです。また夫などに協力を得るのも方法。どちらかが指を固定し、爪を切ると安心だと思います。

赤ちゃんの爪は伸びるのが早い!

爪が伸びていないかチェックをし始めてから気付いたのですが、想像以上に伸びるのが本当に早い!私自身の爪は1~2週間のペースで切っていますが、わが子の場合は3~4日ペースで爪を切らなければならないほど、伸びるのが早かったです。それだけ新陳代謝がいいってことですね。

何度やっても爪切りは慣れなかったですが、成長して爪が硬くなってきたら、大分切りやすくなりました。その頃になるとはさみ型ではなく、以下のクリップ型でも安心して使用することができました。使いやすさはもちろん、デザインも形も可愛いです。

おわりに

爪で顔を引っかいて傷を作ってしまわないよう、こまめに爪のチェックをおこなう大切さを知りました。引っかき防止にミトンを装着したこともありますが、よく動くので脱げてしまうことがほとんど。やはりケアをしてあげるのが一番だと思いました。

 

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました