外食時にコップを倒す、そそっかしい小学生息子にイライラ!!

コップを倒す 子育て

現在息子は小学三年生です。産まれた時から活発で元気な男の子。とても幸せなことなのですが、そそっかしい一面があり悩まされることが多々あります。たとえば外食時です。いまだにコップを倒してしまうことが多く、どうすれば落ち着いてくれるのか?と悩んでいます。

コップを倒す

そそっかしい小学三年生

現在息子は小学三年生です。まだまだ子どもですが、まわりのお友達とくらべると「落ち着きがなさすぎる」のが悩みの種です。よく言えば活発なのですが、ひとつの事に集中してしまうと、まったくまわりが見えなくなってしまうんです。

最近のことですが、久しぶりに家族で焼肉を食べに行きました。店員さんがグラスにお冷を入れて持ってきてくれたのですが、ものの数分もしないうちに「ガッシャーン!!」。息子の腕がグラスに当たり、床に落っこちてしまいました。コップを倒さないように注意しよう、と思った矢先のできごとでした。

通路は水浸しです。ほかのお客さんに、たまたま水が散らなかったのが幸いでした。忙しい時間帯だったので、スタッフさんにも申し訳なかったです。私は持っていたタオルやティッシュを使って、急いで水を拭き取りました。

同じことを繰り返してしまう息子にイライラ

久しぶりの焼肉でテンションがあがる息子の気持ちも分かります。しかし自分の目の前にあるグラスくらい、視界に入れてほしいと思うのが親心です。こういった失敗は幼いころから現在進行形で続いており、なかなか直りません。

コップを倒してしまった息子に私は「どうして同じことを繰り返してしまうの?5歳の妹さえコップを倒さないのに…どうして小学生のお兄ちゃんがコップを倒してしまうのよ!!」と怒鳴ってしまいました。

息子は泣いてしまう始末です。せっかく楽しい時間を過ごすはずだったのに、テンションはだだ下がりでした。

繰り返さないために気をつけていること

今回に限らず息子が外食時に、コップやソースなどを倒してしまうのはよくあること。そこで私が昔から気をつけているのは、倒してしまいそうな物を息子のそばに置かないことです。これが一番の回避法になりますが、今回のように数秒でやってしまうこともあるので油断なりません。

またテーブルに着く前の段階で「コップを倒さないよう気をつけてね」と事前注意するのも効果的でした。直前に伝えるのがポイントです。そうでないと息子の場合は、言われたことをすぐ忘れてしまいますからね。

片づけを自分でさせる

息子がコップなどを倒してしまった時、私が率先して片づけています。今回も片づけてしまいましたが、息子も小学三年生です。コップを倒してしまったら、できる範囲で自分で片づけさせることも大切だと思いました。

そうすると片づけの大変さを知ることができますし、まわりに迷惑がかかってしまうことも実感できると思うんです。失敗体験を積むことで「気をつけよう」という意識が芽生えてくるのでは?と期待しています。

おわりに

そそっかしいのも息子の個性だと思いますが、何度言っても失敗を繰り返すと、ついイライラしてしまいますね。しかし失敗したことを怒るより、自分で片づけをさせるほうが「反省」の気持ちが出てくるものだと感じました。次にまだ同じことをしてしまったら、怒るより片づけを優先させようと思います。

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました