つわりを乗り切る食事のアイデア、食べたい時に食べたいだけが鉄則

妊婦 妊娠

つわりの時期がやってきました。食べることが大好きな私ですが、白ごはんを見るだけで気分が悪くなりました。白ごはんが炊けるにおいすら受け付けなくなり、思うように食べられません。今回はつわりの時に工夫した、私なりの食事アイデアをご紹介します。

食べたいものを食べたい時に食べる

つわりが始まると、思うように食事がとれなくなりました。どうしても栄養が偏りがちになってしまうので、おなかの赤ちゃんは大丈夫なのかな…と心配になってしまいます。しかし赤ちゃんは私の体に蓄えられている栄養で、すくすくと育っていました。

赤ちゃんのことを気にしすぎるとストレスになり、かえってつわりの症状がひどく感じました。そこで私は「食べたいものを、食べたい時に食べる」ことを意識するようにしたんです。ほんの少ししか食べられなかったり、食事時間が不規則になったりしても気にしないようにしました。

食事に酸味を加えてみる

ふだんあまり食べない酢のものが無性に食べたくなりました。酸味のあるものだと不思議と食べられるんです。妊娠すると嗜好が変わる話をよく耳にしますが、本当だなと感じました。

サラダや魚、肉などの料理にもレモン汁をかけて酸味を加えると、案外ペロリと食べられるんです。水を飲む時もレモンの薄切りを入れてみると、スッキリした味わいで飲みやすかったのを覚えています。

白ごはん対策

私が一番苦手だったのが白ご飯です。においすらダメでした。そこで混ぜご飯の素を入れたり、チャーハンにしたりしました。白ご飯に味がつくと食べやすかったです。

また小ぶりのおにぎりを何個か作っておくのもおすすめです。一個一個ラップに包んでおくと、食べたい時に食べられるので便利でした。

白ご飯が炊けるにおい対策は、一度に多く炊いておくことです。小分けにして冷凍しておくことで、においを気にする頻度を減らすことができました。

冷たいものを食べる

冷やしうどんや冷ややっこなど、冷たいものがのどを通りやすかったです。冷たい料理はにおいが少ないので、つわりの時期に食べやすい料理のひとつだと思いました。

味噌汁も冷たいと食べられることも。今振り返ると冷たい味噌汁なんて…と思いますが、つわりの時は冷たいほうが好きだったんですよね。自分なりに調理の工夫をすることも大切だと思いました。

おわりに

白ご飯やおかずを受け付けない時は、果物類だけ食べることもありました。ただ無理に食べようとせず、基本は「食べたいものを食べたい時に、食べたいだけたべる」です。これを意識して過ごしながら、つわりの時期を乗り越えました。

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
妊娠
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました