おんぶひも使用時の首かっくんを防止してくれる、頭あてが優秀すぎた

お役立ちアイテム

子育てアイテムの必須品といえば、おんぶひもが頭に浮かびます。ちょっと値は張りますが、エルゴの抱っこひもを購入しました。おんぶをしていても疲れにくかったです。ただ赤ちゃんが大きくなるたび、気になったのが首かっくんでした。そんな悩みを一蹴した優秀アイテムをご紹介します。

おんぶひもは必須の育児アイテムだった

息子は産まれた時からよく泣く赤ちゃんでした。抱っこをしないと、一日じゅう泣いているタイプです。赤ちゃんはよく眠るイメージだったのですが、現実はまったく違いました。これでは家事もできない…。そこで首の座った生後3カ月ごろに、エルゴのおんぶひもを購入しました。

さっそく息子をおんぶしたところ、高い確率で眠ってくれるのがうれしかったです。しかし眠ったと思い、下に寝かせると「ふんぎゃー」と泣く始末でした。もう私のほうが泣きたいよー。お願いだから寝て…。当時のことを振り返ると、本当に大変だったなと思います。

おんぶ中に気になる首かっくん

低月齢のころはあまり気にならなかったのですが、息子が成長してくると、頭が左右にグラグラ動くのが気になり始めました。息子の頭が片側に傾いているのを気づかず狭い通路を歩いてしまい、壁に頭をぶつけてしまったこともあります。私の不注意で、息子に申し訳ないことをしました。

こうした危険も感じ、首かっくんを防止するアイテムを探すことにしたんです。そこで見つけたのが「頭あて」です。下記の商品を楽天市場で購入したのですが、なんと千円台でゲットできました。肩ひも部分はよだれかけになるので便利です。

出産祝いや誕生日プレゼントにも喜ばれた

当時私のまわりでは、頭あての存在を知る人が少なかったです。メーカー純正のオプション商品もありますが、さすがに千円台では購入できません。首かっくんを気になりながらも、おんぶをしているママさん。実は多いのでは?と思いました。

こんな便利アイテムを使わないなんてもったいないと思い、友人の出産祝いや誕生日に何度かプレゼントしてみました。柄やカラーは友人が好みそうなものを2種類チョイス。頭あてに汗や汚れがついてしまうことを考え、替えもあるとよろこぶかな?と思い2枚プレゼントしました。友人からは「こんな便利なものがあるんだ」とすごくよろこんでくれました。

おわりに

おんぶは両手が空くので、洗濯物などの家事もしやすいメリットもあります。ただ調理中は気をつけたいところです。特に揚げ物をする時は、油がはねる危険性大。この時ばかりは、息子が泣いていてもおんぶをしないようにしていました。

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
お役立ちアイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました