【初めての妊婦健診】内診が痛くてイヤ…やわらげるにはどうすればいい?

妊娠

妊娠が判明し、定期的に産婦人科へ足を運ぶことになりました。おなかの赤ちゃんに会えると思うと、うれしくてたまりません。ただ苦手だったのが内診です。体が緊張してしまうせいか、どうも痛い…。もっと気持ちをラクに妊婦健診を受けるコツはないものかと思い、私が意識したことをお伝えします。

内診を受けやすい服装にする

妊婦健診を受ける時はズボンよりスカートのほうが楽でスムーズでした。また血圧や採血に備えて、袖口はまくりやすいものがよかったです。私の場合は妊娠を機に、マタニティウェアを購入しに行きました。まだおなかは大きくありませんが、ゆったり目の服装に変えるだけで気持ちがラクになったように思います。

プローブをおなかの上にあてる腹部エコー検査が始まると、腹囲や子宮底長の測定も始まりました。この時期になるとワンピースを着用することが多かったのですが、おなかを出す時にスカートをガバッとめくられ恥ずかしい思いをしたことも。ズボンを履いてこなかった自分を悔やみました。そこで上下分かれた服もしくは、おなかを出しやすいボタンつきのワンピースを着用することに。そうするとスムーズに検査を受けられました。

内診の痛みをやわらげるコツ

とうとう内診の時がやってきました。内診台に座り、両足を広げた時点で私の緊張度はMAXに。カーテンの向こう側で何がおこなわれているのか?と妙に恐怖を感じてしまうんです。医師が「リラックスしてくださいね」と声をかけてくれるものの、なかなか力が抜けません。体が緊張していると、どうしても痛みを感じやすくなります。

どうすれば痛みをやわらげられるのか、思い切って看護師さんに聞いてみることにしました。教えてもらったことを以下にまとめてみました。これらを意識することで、痛みがやわらいだように思います。

・診察のタイミングに合わせ、息を吐くようにする

・両手をひじかけに置くか、おなかの上に置く

・両足は大きく開き、力を抜く

・かわいい赤ちゃんのことを想像するなど、楽しいことを考える

不安材料を残さない

私がお世話になった産婦人科は、とても人気があるところで予約をしても1時間以上待つことが当たり前でした。この待ち時間の間が本当に苦痛でなりません。内診への恐怖が膨らむばかりでした。また「赤ちゃん元気に育っているのかな」など、不安に感じていることも余計に考えてしまいます。

そこで待ち時間もリラックスして過ごせるよう、不安に感じていることなどを箇条書きにメモすることにしました。次はどんな検査をおこなうのかなど、ささいな事でもかまわないんです。不安材料を残してしまうと、次の健診まで悶々とした日々を送ることになりますからね。

おわりに

苦手だった内診も回を重ねるごとに少しずつ慣れていきました。妊娠12週ごろからは腹部エコー検査に切り替わりホッと一安心です。内診台にあがらなくてよくなると、気持ちが一気にラクになりました。また家族と一緒に、赤ちゃんを見られる楽しみを共有することができます。

 

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
妊娠
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました