「何度言ったら分かるの!」かんしゃくを起こす小4息子を外に閉め出す行為は虐待!?

小学生 自粛 子育て

新型コロナウイルスによる休校が、2カ月以上つづくさなかの出来事でした。私は家で在宅勤務。そばで小学一年生の娘、四年生の息子が勉強をしていました。「分からない、どういうこと?」たびたび質問が飛び交い、正直仕事どころではありません。私のような状況に置かれている家庭も多いはずだと思い、何とかその場をしのいできました。

小学生 男の子

特に息子は自分の思い通りにならないと、すぐにかんしゃくを起こすタイプ。「ミスしたのが悔しい、できない」気持ちは分かるのですが、感情をコントロールできないままでは困ります。「怒っても解けないよ」何度も息子に言って聞かせるのですが、まったく聞こうとしません。

最近では鉛筆を投げたり、椅子を蹴ったりして物にも当たります。仕事中に何をやってくれるのよ…。沸々と怒りが込み上げてきます。こういった場面は、自粛中に何度もありました。そのたびに「次かんしゃくを起こしたら、外に出すよ」と言っていたのです。

今日もいつものように「もうイヤ!できない」と言い出しました。最初は冷静に息子をなだめていました。しかし何度言っても物に当たる、大声で泣きわめく…。どうすればいいの?私自身も冷静さを失い「これ以上泣きわめくなら、今すぐ外に出ていきなさい!」感情の赴くまま、息子を外に閉め出してしまいました。

心の中では「外に閉め出すのはよくない」と分かっています。このご時世です。まわりから虐待を思われかねません。しかし私自身に心の余裕はありませんでした。一生懸命に怒りを抑えようとしましたが、恥ずかしながら無理でした。息子を力づくで叩いてしまう恐れも感じました。とにかく一刻も早く離れなければ…。

それしか思いつかなかったのです。虐待をしてしまう人はこうした小さな火を消すことができず、大きな火へとつながってしまうのでしょう。決して他人事ではないと思いました。息子だけではなく私の感情コントロールも必要だと気付かされました。

外に閉め出したあと、息子の様子は窓から見守っていました。約10分後に息子を家に入れ「気持ちをコントロールできるようにしないと、この先大変だよ…」とだけ伝えました。息子はうつむいたまま返事さえしません。反抗的な態度が続いていましたが、これ以上相手をしても仕方がないと感じました。

しばらく放置していると、機嫌が直りいつもの息子に戻りました。「小4の壁」はこれからも続きそうです。子育ては楽しいこともたくさんありますが、壁にも向き合わなければなりません。子どもの気持ちに寄り添う。言葉では簡単に言えるけど、本当に難しいことだと感じています。

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました