窓側で洗濯物を干すのはNG!?わが家が実践する、雨の日の洗濯物を早く乾かすコツ

暮らし

梅雨時期がやってきました。この時期に億劫なのが、洗濯物が乾きづらくなることです。浴室乾燥や洗濯機の乾燥機能を使うのも便利ですが、なるべく電気代を使わずに乾かしたいところです。そこでわが家がいろいろ試した結果、やってよかった方法をお伝えします。

窓側はNG?部屋干しする最適な場所

わが家では雨の日の洗濯物は部屋干しがほとんどです。窓側に洗濯物を干していました。ところが…窓を閉め切った窓側は空気の流れが悪いので、乾きにくい場所であることに気づいたんです。(お家にもよると思いますが…)またカーテンレールにハンガーをかけて洗濯物を干すと、乾きづらいうえにカーテンの汚れがついてしまうデメリットもありました。

洗濯物を早く乾かすためには、空気の流れが多い場所を選ぶことがポイントです。ということで室内用の物干しは部屋の中央に置く、ハンガーは部屋の扉の鴨居(かもい)に引っ掛けて乾かすことにしました。そうすると今までより洗濯物が乾くスピードが断然早くなりました。

厚手のズボンを早く乾かすコツ

特に乾きづらいのが厚手のズボン類です。乾かすのに時間がかかると、イヤ~な臭いもしてきます。雑菌臭を抑えるためにも、なるべく早く乾かすことが必須です!

そこでわが家がおこなっているのが、ズボンを裏返しにして干すことです。実はこれだけで、各段に乾くスピードが違ってきます。裏返しにするとポケットなど生地が重なっている部分がオープンになりますので、空気に触れて乾きやすくなります。

さらにピンチハンガーを使って、筒状に干すこともコツです。折り目が気になって裏返しにできないスラックスなどは、逆さにして干すと乾きが早かったです。

扇風機で洗濯物に風をあてる

夜に干して翌朝には乾かせたいけれど、浴室乾燥や洗濯機の乾燥機能もない。そんな時は扇風機を使う裏ワザもあります。すでに実践しているご家庭も多いかもしれません。実家や知り合いの家でも、光景を見たことがあります。

やり方はいたってシンプル。扇風機の風を、ひたすら洗濯物にあてて乾かすだけです。実際にやってみましたが、大体の洗濯物は乾いていました。ただ部屋でおこなうと湿気が充満してしまいます。気になる場合は、浴室で乾かすことをおすすめします。換気扇をつければ、除湿もできるので一石二鳥です。

おわりに

できるだけ洗濯物同士は離して干し、空気の通り口を作ることも忘れてはならないポイントです。雨の日の洗濯物が乾きやすくなると、気分も明るくなりますよね。これらの方法を実践し、洗濯物をサッサと乾かしちゃいましょう。

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
暮らし
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました