6歳娘と9歳息子からサプライズ誕生日プレゼント、子どもの優しさに胸打たれた日

誕生日 子育て

来てほしくないけどきてしまう…自分の誕生日がやってきました。数日前から私の誕生日を気にしてくれていたのが6歳娘でした。「お母さんの好きなバウムクーヘン1個買ってあげるからね」何度も言ってくれました。娘は人にプレゼントをしたり、お手紙を書いたりして喜んでもらえることが大好きです。してあげることが多く、されることが少ないタイプ(笑)。私自身がそうなので、娘の気持ちが分かります。とにかく喜ぶ顔が見たいんですよね。

誕生日当日、親しい友人からお祝いのラインがきました。この年になっても、お祝いしてくれる友人がいるって幸せなことだと感じます。「おめでとう」と言われる機会は年に一度だけ。この言葉にはパワーがありますね。言われるだけでハッピーな気持ちになれます。誕生日はやっぱり特別な日です。

義両親からロールケーキや焼き菓子、実親からは私の好きな握り寿司をプレゼントしてくれました。弟からもまさかのプレゼントがあり、中身を見るとお菓子!食いしん坊の私に最適なプレゼントばかりでした(笑)。

さて誕生日はお寿司やお菓子があるなど、いつもと違った一日に。そんな様子を察した9歳息子はピンときたのか、急いでカレンダーを確認しに行っていました。まさか今日が私の誕生日だとは思いもしなかったようです。しまった…という表情を浮かべる息子が面白かったです。それもそのはず、夫の誕生日にはお小遣いで※カフェオレのプレゼントを渡したのですから。それで私に何もないのでは、マズイと思ったのでしょう。

※「#300円ツイッタートレンド入り」:3ヶ月間必死に貯めたお小遣いの「初めての使い道」に母涙

「お母さんに何かしてあげたい…」息子と娘の気持ちが伝わってきました。私は「気持ちだけでうれしいよ、何も買わなくていいからね」と言ったんです。こうして誕生日は終わったと思ったのですが、その数日後にまさかの展開が待っているのでした。

休日に息子と娘が2人で何やらコソコソ作業していました。何か工作でも始めたのかな?まさかそれが私のためにお手紙を書いているとは、その時思いもしませんでした。さらに息子と娘は夫と一緒に100均へ出かけて行ったんです。

100均

30分後…帰るや否や「お母さん!!お誕生日おめでとう!!」と白色のビニール袋を手渡されました。なんと貴重なお小遣いを叩いて、息子と娘が1個ずつプレゼントを買って来てくれたんです。もう…こういうのには弱い。目頭がすぐに熱くなってしまいます。あふれそうになる涙をこらえながら「えっ!?買ってきてくれたの?うれしい」とお礼を言いました。息子からエアクッション、娘からは小物入れをもらいました。「お母さんが喜びそうなプレゼントを選んだよ」と口をそろえて言ってくれて、すごくうれしかったです。

お小遣い帳

お小遣いをもらっていない娘は、おとしだまとお手伝いで貯めたお金があるから買えたんだとか。「つかったおかね」に今日の100円がきちんと記されていました。貴重なお小遣いを本当にありがとう(涙)。

いい誕生日になったな。一人で感極まっていたのですが、これで終わりではありませんでした。私の涙腺をさらに崩壊する、もう一つのプレゼントがあったのです。

手紙

それは2人がそれぞれ書いたお手紙でした。はあ…泣くしかないやろー!

手紙

本当はお誕生日にお祝いしたかったのに、今日になってごめんねと伝わってくる息子のお手紙でした。

手紙

まだ文字が上手に書けない幼稚園児ですが、きちんと気持ちが伝わるお手紙でした。「おがんでね」というのが意味不明ですが(笑)。きっとお誕生日を迎えられたことに感謝しなさいってことかな。

誕生日

親が100%子どもを支えていると思いがちでしたが、そうではないと最近感じています。子どもたちは私の心の支えになっています。こんな風に誕生日をお祝いしてくれる、わが子と出会えたのは奇跡で幸せなことです。

アイロンビーズ

子育ては一筋縄でいかないことも多く、大変な時期もあります。きっとこれからも、いろいろな壁に直面すると思います。しかし必要とし、必要とされる関係があること自体が貴重だと気付かされます。もっと寛大な心で子育てしていきたいと思えた一日になりました。

とても感動的な一日になりましたが「誕生日であることすら忘れてた」と笑いながら話す、夫の尻だけをバッチーンと叩く嫁(私)がいるのでした(笑)。

※追記 数日後に夫からバウムクーヘンのプレゼントをもらいました。ありがとう。

 

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
子育て
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました