苦しむ姿を夫に見せたくない…立ち会い出産をしない選択

出産

出産予定日が近づいてきました。そろそろ夫婦で相談しておきたいのが立ち会い出産をするかどうかです。私のまわりはダントツで夫が立ち会うケースが多かったです。しかし正直なところ、自分の苦しむ姿を夫に見せたくない気持ちもありました。悩んだ末、私たちが出した答えは…!?

夫の立ち会い出産をする?しない?

とうとう出産予定日が近づいてきました。まわりから「立ち会い出産はするの?」と聞かれるたび、どうしよう…と悩んでいました。夫が立ち会い出産をした話を、まわりからよく耳にしていました。しかし私は正直なところ、自分の苦しむ姿を夫に見られるのが嫌だったんです。その反面、赤ちゃんの誕生の瞬間を見届けてもらいたい気持ちもありました。

夫に立ち会い出産をするか聞いてみると「どうしようか…」と答えは曖昧でした。一生に何度も経験するわけではない出産という大きなライフイベント。だからこそ夫婦でよく話し合うべきだと感じました。

立ち会い出産のメリット、デメリット

先輩ママや先輩パパの意見も参考にしながら、じっくり考えてみることに。まず立ち会い出産に賛成派の意見を以下にザックリまとめてみました。

<妻より>

・腰をさすってもらったり、声をかけてもらったりすることで不安や苦痛がやわらいだ

<夫より>

・父親としての自覚が芽生え、育児に積極的になれた

<夫婦より>

・お産を2人で乗り越えたという達成感であふれる

・赤ちゃん誕生の感動の瞬間を2人で見届けられる

立ち会い出産反対派の先輩の意見も以下にまとめてみました。意外と夫が一方的に立ち会い出産をしたくないケースが少なくないようです。

<妻より>

・女として見られなくなりそう

・苦しむ姿を夫に見られたくない

<夫より>

・妻の苦しむ姿を見ていられない

・妻を女として見られなくなってしまうのではないかという不安

・仕事が忙しい(時間がない)

・妻に立ち会っても頼りにならないのでは

悩んだ結果、立ち会い出産はしないことに

まわりも夫の立ち会い出産をしているから、私たちもしたほうがいいのかな。いつの間にか風潮に流されそうになっている自分がいました。本当に大切なのは夫婦それぞれが、自発的に立ち会い出産を望んでいるかどうかだと気が付いたんです。

そこで何度も夫婦で話し合いをした結果、立ち会い出産はしないことにしました。夫も積極的に立ち会い出産をしたいタイプではないようです。はっきりは言いませんでしたが、やはり「私を女として見られなくなるのが不安」なのが一番の理由でした。誰もがみな同じ考えではありません。立ち会い出産をすることに賛成、反対する人がいて当たり前のことだと思います。

おわりに

分娩室に入るまでは、夫がずっとそばにいてくれました。お茶のストローを口に持ってきてくれたり、腰をさすってくれたりとサポートしてくれました。そばにいてくれるだけで、とても心強かったです。分娩室に入ってからは、女の頑張りどころ!と気合いを入れてお産に臨むことができ、私にはこれが正解だったと感じています。

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
出産
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました