【小学三年生】ド緊張♪親の付き添いなし、初めて子どもたちだけで映画館へ

映画館 お出かけ

こんにちは。まだまだ夏休みの振り返りをします♪今回は小学三年生の息子とA君、B君の3人で映画館へ行ったエピソードをお伝えします。

夏休みが始まって2週間ほどは、小学校がプールを開放していました。午前中は宿題をし午後からはプールへ行く毎日です。おかげさまで一日のメリハリがつき、ゲーム三昧の日々とさようなら。親としても安心でした。

ところが問題はプール開放が終わってからです。毎日何をさせようか…。そこで仲の良いママ友達とグループラインを作り、暇な日はわが家へ来てもらうようにしたんです。ラインって便利だな~。

UNOをしたり、トランプしたりして遊んでいました。意外とゲームをする時間が少なかったのでよかったです。でも毎日同じ遊びも飽きてしまう。たまには友達も連れて、どこかへ遊びに行こうかな。

そこで思い付いたのが映画です。ちょうど「ミュウツーの逆襲」ポケモン映画が上映されていたので、子どもたちだけで行かせてみることに。

シネマサンシャイン

息子以外は親の付き添いなしで映画へ行くのが初めてだったようで、かなりド緊張です。超真面目なA君は開場前から何度もトイレへ行くほど(笑)

小学三年生って微妙な年なんですよね。まだ親の付き添いがいる気もしますし…。かと言ってベッタリ引っ付いて行く必要もなくなってきました。

こういう年ごろの子こそケガなどの危険が潜んでいるので、程よい距離で見守るのが正解かな?映画は以下の点を注意させ、子どもたちだけで鑑賞させました。

・トイレへ行く時は一人で行かない

・映画が終わっても館外に出ない

・ポップコーンなどは買わない(お金を持たせない)

・上映中に飲食しない

・キッズケータイを持たせ、何かあったら私に連絡する

・緊急時は近くの大人に助けを求める

映画終了の時間に迎えに行くと、3人が満面の笑みで映画館から出てきました。無事に鑑賞できたようです。A君は映画が始まる直前にもトイレへ行ったようで、どんだけ絞り出したのか?と思うほどでした(笑)

夏休みにひとつ新たな経験ができ、子どもたちにとっても貴重な時間を過ごせたようです。連れて来てよかった♪そして映画の半券サービスを使って、ゲームセンターへ行くことにしました。

息子はクレーンゲーム一回サービスを利用しましたが、なかなか取れないものですね。。。お次はマックへ。マックシェイクやマックツイストを買って、しばし映画の余韻に浸りました。

「まだドキドキしてる…」と話しながら無邪気に笑う子どもたち。見ているだけで元気をもらえました。何に対しても純粋な気持ち、一生懸命で素直…。小学三年生の男の子、まだ可愛いなと思った瞬間でした。

来年、再来年になると今日みたいな日は過ごせなくなるのかな。そう思うと少し寂しくも感じました。つい子どもの相手を面倒に思ってしまいがちですが、今という時間を大切にしなくてはならないなと思った一日でした。

この日は夏休み前半。まだまだつづく夏休みをどうやって過ごしてきたのか、またブログに記録しておきたいと思います。

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
お出かけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました