グルメにプール、ショッピングモール…遊びどころたくさんの神戸旅行を満喫

新開地 お出かけ

1学期終業式の日の夜。わが家は神戸へ車で向かいました。目的はキッザニアです。SA(サービスエリア)で車泊し朝一に向かうという強行プランです。5歳の娘は車で爆睡していましたが、神経質な息子と私はグッスリ眠れません…。やっぱり今度はホテルに泊まろうかな。

キッザニアをじゅうぶん満喫した後は、新開地にあるホテルへ向かいました。神戸市内には何度か足を運んだことがありますが、新開地へ来たのは初めてです。

夕方は楽しみにしていた「洋食屋ゆうき」へ行きました。人気店と聞いていたので、開店前に並びました。5時半頃に行きましたが、まだ人は並んでなくわが家が一番でした。

6時前になると、お客さんがぞろぞろ。並んでおいてよかったです。メニューは人気ナンバーワンのビフカツ!と心に決めていたのですが、子どもたちとの意見が合わずハンバーグに。

ビフカツが食べてみたかったですが、ハンバーグもめちゃくちゃおいしかったです。ボリュームもあるため、子どもとシェアして食べたのでじゅうぶんでした。

神戸旅行

翌朝は外を少し散歩してみることにしました。娘はローソンのスタンプラリー用紙を神戸にまで持ってきていましたwたまたま近くにローソンが点在していたので、一気にスタンプが押せてラッキーです。

新開地

ホテルから歩いてすぐのところに商店街がありました。昭和の雰囲気がただよう、レトロな街という印象です。飲み屋さんが多いですね。

ローソン

商店街にもローソン。残念ながらスタンプラリーはしていなかったですが…。

新開地

なんと奥にもローソンを発見しました。それだけで娘は大興奮。走って向かっていました。

デカパトス

新開地の雰囲気を味わったあとは、神戸市内の「デカパトス」へ行ってきました。うれしいのがテントを張る専用スペースがあったことです。このためにワンタッチテントを購入しました。

お疲れ気味の夫はテントでしばし休息をとっていました。そのあいだに私たちはプール遊びです。流れるプールやスライダー、造波プール、キッズプールなど種類があって楽しかったです。

たくさん遊んだらお腹が減る、という事でお次は「umie」へ行きました。リニューアルされていたのを全然知らなかったです。とても開放的な店内になっていて、都会のショッピングモールといった感じでした。

しかしいまいち自分がどこにいるのか分からなくなり、たびたびフロアマップで確認しながら、店内をウロウロしました。フードコートも人がいっぱいでした。

そこで場所を変えてモザイクへ。たまたま目に入った「神戸食堂」でごはんを食べることにしました。

神戸食堂

まわりの飲食店に比べると安価だったように思います。そしてボリュームもこんな感じです。お腹が減っていたのでペロリと食べてしまいましたが、女性一人だと食べきれないかもしれません。

神戸食堂

なんと小学三年生の息子は一人でこの量を完食しました。恐るべし食い意地王!将来が心配やわ~。このあとは久しぶりに「ジャムおじさんのパン工場」へ行きました。

せっかく来たので子どもたちだけ1人1個購入。たった2個買っただけで700円くらいしたと思います。親からしたら涙モンの出費ですが、アトラクション料も入っていると思うと納得かな。

「ジャムおじさんお願い、パン焼けたよ」といった感じに、店員さんがお話してくれるのも楽しみのひとつです。娘はこの日からアンパンマンブームがきてしまい、家に帰るまで「次はアンパンマンミュージアムへ行きたい!」と連呼していました。

それもそのはず、アンパンマンミュージアムへ連れて行った年齢って1~3歳頃ですからね。どんなところだったのか覚えていないのでしょう。少し大きくなってから連れて行くのも、楽しいかもしれないと思いました。

「バイキンひみつ基地」は行ったことがないので、個人的にも気になっています。次神戸へ行く時はアンパンマンミュージアムへ連れて行きたいと思います。

車泊を含めると2泊3日の神戸旅行。夏休み始まった直後に行ったので、夏休みが終わる頃には昔のことのように思えてしまいましたがw家族にとって、大切な思い出になりました。

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
お出かけ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました