約7割のママが経験する妊娠線、急激に太るほどできやすい!

妊婦 妊娠線 妊娠

妊娠後期になったころです。ふと自分のおなかを見ると、ほんのり赤みを帯びた線ができていました。これが…うわさの妊娠線!?一人目を妊娠した時は現れなかったので、特に気にしていませんでした。どうして二人目の妊娠時に現れたのでしょうか。

妊婦 妊娠線

妊娠線ができる原因

妊娠線ができる原因は「皮膚の急激な伸び」によるものです。また妊娠中はコラーゲンが減少しがちなため、肌の弾力が失われやすく亀裂が生じやすくなります。

こういったメカニズムは知っていたのですが、一人目の時に妊娠線ができなかったので二人目も大丈夫だろうと安心しきっていたんです。

急激に太ると妊娠線ができやすい

妊娠後期ごろ、おなかに赤みを帯びた線が現れました。さらに太ももやおしりにも妊娠線らしきものが…!!予想していなかった事態に、ショックを受けました。

どうして妊娠線ができてしまったのでしょうか。一人目妊娠時と今を比べてみたところ、明らかに違う点に気付きました。それは「急激な体重増加」です。

とにかく食べたい衝動に駆られ、一気に体重が増加していました。妊娠線は急に皮膚が伸ばされることで、現れやすくなります。よって脂肪が急についてしまうと、亀裂ができやすくなるのは当然のことだと思ったんです。

妊娠線を予防するコツ

今回の経験で「体重管理」の大切さを改めて痛感しました。と同時に妊娠線はある程度予防できるものだとも思いました。まず甘い物や炭水化物、油分のとりすぎに注意すること。まめに体を動かして、脂肪がつきにくい体でいることも妊娠線を予防するコツだと感じました。

また皮膚の乾燥を防ぐために、保湿クリームをぬることも効果的だと思います。さらに腹帯やガードルでおなかを支えると、皮膚の伸びすぎを抑えられます。もし妊娠線ができてしまっても、これ以上ひどくならないために最後までケアを続けることが大切だと思いました。

↑こちらが楽天市場ランキング1位(投稿日時点)の妊娠線クリームです。小児科、皮膚科医のもと開発された商品。

産後は目立たなくなる

産後もしばらく妊娠線は消えませんでした。もっと早くから予防をおこなっていれば、ここまでひどくならなかったかもしれない…。とても後悔していましたが、産後も皮膚になるべくうるおいを与えようとクリームを塗り続けました。

そうすると産後半年が過ぎるころには赤みが消え、妊娠線が目立たなくなってきました。そのうち気にならなくなりました。現在は5年以上が経過していますが、妊娠線がどこにあるのか見当たらないほどに。

個人差もあると思いますが、産後は目立たなくなるケースが多いと思います。おなかのたるみがなくなると、さらに目立たなくなりました。産後のケアはもちろん、エクササイズも重要だと思います。

おわりに

体型や肌質によっても妊娠線ができやすい人、そうでない人がいます。自分はどちらなのか、その時にならないと分かりませんが、妊娠中の今できることは「しっかりと予防をおこなうこと」だと思います。妊娠線を予防する保湿効果の高い、専用クリームを使用するのもおすすめです。

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
妊娠
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました