妊娠中はだれでも情緒不安定になりやすい!私がやってよかったストレス発散法

女性 不安 妊娠

妊娠前に比べ、妊娠してから訳もなくイライラしたり、不安におそわれたりしました。妊娠するとホルモンバランスが急激に変化するため、情緒不安定になりがちになります。生理前の状態と似ている気もしました。心と体は密接な関係にあることを実感しています。

女性 不安

情緒不安定になる原因

妊娠してから何だかイライラする、不安で仕方ないなど情緒不安定になりました。こんな状況なのは私だけ?と思っていましたが、多くのママさんが経験していることを知りました。医師の話によると、情緒不安定になりやすい原因は「ホルモンバランスの変化」が関係しているそうです。

妊娠すると今まで出されたことのない、大量のホルモンが分泌されます。ホルモンの分泌をつかさどるのは脳の「視床下部(ししょうかぶ)」という部分で、ストレスを感じるところと同じ。よってストレスを感じるとホルモンバランスが崩れやすくなるそうです。

赤ちゃんの心配やお産への恐怖をなくす

妊娠中は「元気に赤ちゃん育っているかな?」と不安になったり、お産に対する恐怖を感じたり…つい余計な事を考えてしまいました。悩んでも仕方ないと分かっているのですが、どうしてもナイーブになりがちでした。

そこでなるべく心配事を減らすため、相談したいことをメモするようにしました。妊婦健診の際にメモを持って行くと、相談しやすかったです。家で一人悶々と悩むより、相談するのが一番だと思いました。

とにかく外へ出る!

家でいるより外に出た方が気分が変わり、ストレス発散になりました。例えば目的がなくてもショッピングモールでうろうろしてみます。かわいい洋服や雑貨を見て回るだけで、楽しい気分になれました。何か好きな事をしている時は、余計な事を考えずに済みます。

お話するのが好きな方は、お友達とおしゃべりを楽しむのもいいですよね。私の場合はおしゃべりが苦手なので、一人で行動することが多かったです。好きなカフェへ立ち寄り、一人ランチを楽しんだ事もあります。自分が楽しいと思える時間を過ごすことで、気持ちがずいぶん落ち着きました。

夫の改造計画を立てる

妊娠中、夫に対してイライラしてしまうこともありました。それは妊婦に対しての「気遣い」が感じられないことです。共働きだったのですが、妊娠前からゴミ出しやお風呂掃除など、家事をまったく手伝ってくれませんでした。

お互い働いているし家事は協力し合うのが筋だ!と言い続けてきましたが、なかなかやってくれないんです。妊娠したら少しは協力的になってくれるかも?と淡い期待を抱いていましたが、妊娠前と状況は変わらず…。夫へのイライラは募るばかりでした。

そこで妊娠を身近に感じさせるためエコー写真を見せたり、日々の体験をどんどん話すようにしました。やって欲しい事も同時に伝えることで、少しずつ協力してもらえるように。一番身近にいる存在のサポートは欠かせません。精神的な支えになる事を知ってからか、夫の気持ちに変化が表れました。

おわりに

ほかにも心地よく眠られる枕に替えてみたり、半身浴をしたりしてストレスを発散しました。妊娠中に限らず、どんな時もストレスは付き物だと思います。どうやってうまく付き合っていくかが課題。今思えば妊娠中に感じたストレスは、自分なりの発散法を見つけるいい機会だったと感じています。

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
妊娠
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました