【100均ダイソー】ゆで卵の殻むきが数秒でつるん!たまごのプッチン穴あけ器

ダイソー お役立ちアイテム

ゆで卵の殻むき。つるんと簡単に殻が剥げる時もあれば、なかなか剥げないこともあります。殻に身がくっついてしまった時には憂鬱に。今回はそんな悩みを解決してくれた、ダイソーの便利グッズをご紹介します。

卵

殻の剥ぎやすさに違いが出る理由

サラダやカレーのトッピングなど、さまざまな用途に使えるゆで卵。脇役ながらも大きな存在感を示してくれます。ただ毎回億劫に思うのが、ゆで卵の殻むきです。

つるんと上手に剥げた時は気持ちがいいいのですが、剥ぐのに時間がかかると嫌になります。毎回同じように卵を茹でているのに、どうして剥ぎやすさに違いが出るのでしょうか。

それは「卵の新鮮さ」が異なるからなんです。産んで間もない新鮮な卵ほど殻が剥ぎにくく、数日経過した卵ほど剥ぎやすくなります。詳しく調べてみると、新鮮な卵は白身に含まれる二酸化炭素の量が多いそうです。

数日経過すると二酸化炭素の量が少なくなり、卵の殻が剥ぎやすくなるとか。しかし実際問題、いちいち殻が剥ぎやすい卵を選ぶことは難しいですよね。

ダイソーのたまごのプッチン穴あけ器

たまごのプッチン穴あけ器

どんな卵でも簡単かつきれいに殻を剥ぎたい。そんな願いを叶えてくれたのが、ダイソーの「たまごのプッチン穴あけ器」でした。卵の殻に小さな穴を開けることで、殻がつるんと剥げるんです。考えた人は凄いと感心しています。

針の飛び出しロックがついています。使う時はボタンを回してONにし、針が出るよう準備します。使い終わったらOFFにしておくと安全です。

たまごのプッチン穴あけ器

卵の丸いお尻を下にして乗せ、上からグッと押しつけます。あまり強い力を入れすぎると、卵が割れてしまうので要注意です。

たまごのプッチン穴あけ器

分かりづらいですが、写真のように小さな穴を開けることができました。これだけでOKです♪

たまごのプッチン穴あけ器

磁石がついているので、冷蔵庫にペタッとくっつけて保管しています。

茹で上がったら冷水で冷やす!

ゆで卵

水を入れてスイッチオン。わが家の場合は沸騰してから約15分茹でています。茹で時間はご家庭によって好みがあると思いますので、ご参考までに。

ゆで卵

茹で上がってからが大事です!お湯を捨て、水を入れて冷やします。これも殻を簡単かつきれいに剥ぐ、重要なポイントになります。冷やすことで殻と身の間に隙間ができ、より剥ぎやすくなります。

ダイソー

このとおり、つるんときれいに殻を剥ぐことができました。私の場合は卵の中心をぐるりと割って殻を剥いでいますが、おしりの部分を割ると剥ぎやすいという声も聞きます。どちらが剥ぎやすいかは人によると思いますので、いろいろ試してみてくださいね。

おわりに

たまごのプッチン穴あけ器

たまごのプッチン穴あけ器を使うことで、卵の如何に関わらず同じように剥げるようになりました。5歳娘でも、簡単に殻を剥がすことができました。ちょっとした工夫を取り入れることで、ストレスがなくなります。とても便利なグッズでした。※店舗に商品の取り扱いがないこともありますので、ご了承願います。

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
お役立ちアイテム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました