まわりの友達が次々と妊娠…焦りと不安を感じた妊活

妊娠

およそ5年の付き合いを経て、28歳で結婚しました。子どもは3人欲しいな…など将来の自分たちを想像してワクワクしていました。ところが現実は違いました。妊活を初めて半年~2年が経過しても妊娠しない…。まわりの友達は次々と妊娠していく姿を見て、焦りと不安を感じた日々をお伝えします。

 

結婚したらすぐに妊娠できると思っていた

結婚願望が強かった私にとって、28歳の結婚は遅いと感じたくらいでした。その理由は「早く赤ちゃんが欲しいから」です。できることなら30歳までに子どもを3人産みたいと思っていました。私の母が20代で3人の子どもを産んだこともあり、ひそかに目標としていたんです。

しかし人生は思うようにはいかないもの。20代で3人の子どもを産むのは不可能になりました。また「結婚したらすぐに妊娠できる」と思っていたことも、現実は違いました。最初に直面した夫婦の壁が「妊活」だったんです。

まわりの友達が次々と妊娠

妊活をはじめて半年が経過しました。私たちと同時期に結婚した友達が、次々と妊娠していきます。とてもめでたいことなのですが、素直にお祝いできない自分がいました。おめでとう!よりも「どうして自分は妊娠できないの?」という気持ちばかりが前に出てきてしまうんです。そして涙が出てくるほど悲しくなってしまいます。

生理は規則正しくきているし、特に気になることはありません。そのうち待っていれば赤ちゃんがやってきてくれるかな。一生懸命に自分を奮い立たせ、妊活に励みました。ところが、あっという間1年が経過してしまったんです。もしかすると不妊症なのでは?と思うように。

妊活を意識しなくなったとたん…!?

自分の体に異常があるのかもしれない…。そう不安を感じた私は、今まで足を踏み入れたことのない産婦人科へ勇気をふりしぼって出かけました。待合室にはお腹の大きい妊婦さんばかり。とても幸せなオーラが漂っていました。私もいつかあんな風になれたらいいなと感じながら、ドキドキして自分の番を待っていました。

初めての内診です。足を広げて、検診台に座るだけでド緊張でした。診察の結果は異常なし。医師からは「タイミング」ですねと言われただけでした。ところが2年が経過しても妊娠できません。私はこの辛い状況からいったん離れようと、妊活をお休みすることに。するとまさかの妊娠が判明したんです。

おわりに

よく妊娠を諦めかけた時に妊娠したという話を耳にします。本当に?と半信半疑だったのですが、この時ばかりは信じてしまいました。ストレスは妊活に大敵だったのかもしれません。焦る気持ちと結果がついてこないのは辛いですが、まわりを気にしない精神を持ち続けたいと思いました。

※記事の内容は、あくまで体験談です。
すべての状況に当てはまるとは限りませんので、ご理解のほどお願いいたします。
また投稿日時点での情報になりますので、正確な情報は公式HPなどでご確認をお願いします。

この記事を書いた人

一男一女のアラフォーママです。子育てのかたわら、在宅ワーカーとして働いています。ライター歴5年。グルメやお出かけなど、楽しいことが大好きです。実体験をもとにした妊娠・子育て記事をメインにお送りします。大手子育てサイトにて年間千件以上の記事執筆経験あり。

ひまわりをフォローする
妊娠
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ひまわりをフォローする
ひまわりの子育てブログと、Suuのぼやき

コメント

タイトルとURLをコピーしました